血圧200救急車

高血圧の原因は塩分の摂り過ぎ!?

高血圧は塩分を減らしても下がらない!!

⇒高血圧を下げる画期的な方法とは


高血圧のリスクを高める食事・食べ物

高血圧,症状

 

高血圧のリスクを高める食事

 

生活習慣病といわれている病気が、現在の日本で蔓延しているといわれています。
高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満がその代表で「死の四重奏」とも呼ばれています。

 

 

 

四重奏という意味は、一つ一つでも問題が多い症状なのですが、
合わさって発病すると死の危険さえある症状だからです。

 

 

 

生活習慣病のなかの高血圧は、やはり生活の食生活や習慣によって引き起こされる代表です。
食べ物の作用により、血圧が上昇したり、動脈硬化といった事が生じてしまいます。
高血圧になるリスクの高い食事がありますので、注意することが大切です。

 

濃い味の食事

 

血圧に直結するのは、濃い味の食事です。
濃い味の食事には塩分が多く含まれています。

 

高血圧,症状

 

塩分は血液中に取り込まれると、その濃さを中和しようとして水分が多く血管内に取り込まれ、
血流をまし血圧を上げる作用をします。特別塩辛くないと思っている食事でも実は塩分が多く、
知らずに塩分過多の食事を取っている場合がありますので注意します。

 

 

 

普段の生活の中で減塩は気をつけないと実行が難しいのが実情です。
特に外食の方は注意して下さい。

 

塩分の多い食べ物

 

塩分量の多い食べ物は、梅干し、塩から、味噌、調味料の醤油、ソースなどが上げられます。
穀類の場合、カップ麺やインスタントラーメンには7g位入っています。
これらのように、日本の調味料には塩分が多く含まれています。

 

 

 

普段の食事の味噌汁や醤油を気にかける事も大切です。
さらにインスタントの加工品にも保存と味付けのための調味料が多く含まれています。

 

 

 

>>>高血圧によいといわれるサプリメントについて

高血圧と塩分は無関係!?

薬なし運動なしで高血圧が改善する!?

⇒高血圧を3日間で改善する方法とは