血圧200救急車

高血圧の原因は塩分の摂り過ぎ!?

高血圧は塩分を減らしても下がらない!!

⇒高血圧を下げる画期的な方法とは


血圧200以上なら救急車を呼んだ方がいい!?

高血圧,症状

 

救急車を呼んだほうがいい高血圧の症状

 

高血圧の初期段階では、自覚症状が少ないのですが、
重度の高血圧症では頭痛やめまいなどが起こってきます。
命に関わるほどの症状は心臓や脳にその障害が起きた時です。

 

 

 

重度の高血圧の結果、脳内で異常が起きた時や心臓が発作を起こした時は、
救急車を呼んで助けを求めます。

 

めまいという症状

 

脳の異常の場合めまいという症状があります。
めまいは耳が関係しているものがあります。
耳が関係している場合回転性のめまいが起きます。

 

 

 

寝返りを打った時や起き上がった時、頭を振った時に症状が起きます。
この場合の多くは安静をたもつ事で収まっていきます。

 

高血圧,症状

 

回転性めまいの場合耳鼻科に行くのが一般的ですが、
検査の結果によっては他の病院へ行くこともあります。

 

 

 

また、立ちくらみと呼ばれるめまいがあります。
貧血や過労などが原因とされています。
自律神経の変調や血圧などが原因で、脳に送られる血液が足りない時に起こります。

 

緊急性の高いめまい

 

緊急性があると思えるめまいは、体がふらつくめまいです。
そのうち真っ直ぐ歩けなくなったりします。

 

 

 

その時頭痛がおこったり、顔に麻痺がおきる、手足がしびれる、物がダブって見える、
舌がもつれて話しにくい等が起こったら、脳卒中や脳梗塞である恐れがあります。
症状が何時もと違う場合は救急車を呼び、至急病院に行かなくてはなりません。

 

 

 

高血圧で心臓に異常がある場合はもっと危険です。
心臓発作が起き倒れ込んでしまったら、
回りに助けを求め救急車を呼んで貰うことが大切です。

 

 

 

発作が起きて15分くらいで絶命するケースもありますので、
速やかな対処が生死を分けることになります。

 

 

 

>>>市販の薬品で高血圧は治められる?

高血圧と塩分は無関係!?

薬なし運動なしで高血圧が改善する!?

⇒高血圧を3日間で改善する方法とは